協創プログラムのご案内

協創プログラムとは

浅草は日本人旅行者のみならず極めて多くの訪日外国人旅行者が訪れる一大観光地です。

 

Japoinica Lodgeはこの「浅草」を単なる観光地としてではなく、地方部で生産された各種産品の消費地として、また美しい自然と風景に恵まれた地方部へいざなう送客の基点として捉えています。消費を東京で終わらせず、地方活性化につなげる場所と認識しています。

 

昨今、独り歩きしている感のある「地方創生」という言葉ですが、観光分野においてはマーケティング関連の資本が限られた地方部が単独で行うのではなく、送客の基点である都市部と連携して行うのが正しいありかたです。

 

この地方部と都市部が協力して市場を創り上げていく「協創」の概念の元、Japonica Lodgeでは以下のような地方部からのご要望を積極的に承っております。気軽に使えるセールスレップとして、「日本の」アンテナショップであるJaponica Lodgeをご活用いただくサービスを競創プログラムと名付けております。

競創プログラムによる当ロッジの活用例

  • 特産物などの委託販売
  • 新商品や新規顧客(訪日旅行者)向けののパイロットテスト
  • 期間限定イベントの告知活動
  • 体験型ワークショップの開催
  • ローカルツアープログラムなどの案内および販売
  • マーケティング活動の支援

お申込み・ご相談

競創プログラムのご利用に料金は定めておりません。

Japonica Lodgeの通常営業に影響しない場合は無料でのご利用も可能です。

上部のお問い合わせフォームまたは「support@japonica-lodge.com」まで

お気軽にお問合せくださいませ。